ジェフリーマルテは阪神で活躍できるの?過去の成績を踏まえて調査!

この記事は3分で読めます

ウィンターリーグ、12月はプロ野球も

オフシーズン。

 

契約更改も、そろそろ終わりの見えて

きたこの頃ですが、

やっとのやっとで、

阪神の新外国人選手候補が、

一本化した模様です。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ジェフリー・マルテ選手。

今年、大リーグのエンゼルスに

所属した選手。

大谷翔平選手とも

チームメイトだった選手ですね。

 

ほんまに、打つんかいなとか、

ロサリオの二の舞じゃないんとか、

当たり外れの多い新外国人助っ人では

ありますが、宝くじのように

夢がありますよねw

 

マルテ選手について、書いて行きますので、

最後まで、お付き合いお願い致します。

 

 

【スポンサードリンク】

●ジェフリーマルテ選手のプロフィール!!

出身地:ドミニカ共和国

生年月日:1991年6月21日

身長:185cm

体重:99kg

所属チーム:デトロイト・タイガース(2015年)

→ロサンゼルス・エンゼルス(2016年〜2018年)

 

●ジェフリーマルテは阪神で活躍できるの?

ジェフリーマルテ選手は、ドミニカ共和国のご出身です。

ドミニカ共和国の周りっていろんな国があって、

果たして詳しい位置ってどこなんだろうって思って

調べて見ました。

ドミニカ共和国は、アメリカにも程近い国。

ハイチの隣です。

 

マルテ選手は、ドミニカの中でも

ラ・ロマーナ州のご出身です。

ラ・ロマーナ州の位置関係がこちらです。

ドミニカ共和国の東側に位置しています。

 

首都のサント・ドミンゴから、

ラ・ロマーナ州までは、およそ車でおよそ

一時間半。

 

距離にておよそ100キロ少しのところに

位置しています。

 

さてさて、東京からドミニカって飛行機なんですが、

直行便はありません。

アメリカでの乗り換えが必要で、

時間もほぼ一日移動です。

 

そんな、遠いところからやってくる

マルテ選手。

 

本当に日本で、阪神タイガースで

活躍してくれるのか?

 

新外国人って、先ほども書きましたが、

宝くじのようで、競馬のようで。。。

 

実績があっても、日本の野球に順応できるか

どうかは、来て見てからしかわかりません。

 

ロサリオ選手も、本塁打8、打点40しか打てずに

退団。

 

しかも、年棒は3億円超ということから、

活躍して当たり前。

 

マルテ選手は、

今季エンゼルスでの成績は、

打率.216、本塁打7、打点22と満足いくものでは

ありませんでしたが、

日本の野球にはデータになりませんw

 

正直、当てにならないのが現状です。

 

ドミニカ出身で活躍された選手と言えば、

横浜のネフタリ・ソト選手。

2018年のシーズンで、

107試合に出場、41本塁打でホームラン王。

 

ソト選手は、3Aでの活躍はあるものの、

メジャーではほとんど活躍していません。

 

ソト選手の野球スタイルが、

日本の野球に合致したのだと

思われますが、なんと年棒は4000万円ですよw

 

そんなことから、

オープン戦でもわからず、

シーズンに入って、

4月中に打率3割、本塁打8本、打点20

打てていたら、一年通して活躍できると

思います。

 

そうすれば、

本塁打王も見えてくるはず、

そう、新外国人は、

「宝くじ」

 

来て見ないとわかりません。

 

しかしながら、阪神にはドミニカ共和国の

選手がもう一人いますよね。

 

虎の守護神、ドリス選手。

彼も、ドミニカ出身の選手なので、

彼の存在は、大きく母国語の

スペイン語も通じます。

 

また、阪神には、

メッセンジャー選手がいますので、

マルテ選手のフォローもしてくれるはず!

 

●最後に

安心なデータが、一つあります。

マルテ選手の守備率ですが、

.992です。

 

ロサリオ選手は、約.950だったので、

守備に関しては、マルテ選手の方が上のようです!

 

阪神の2019年のスターティングオーダー

 

1番 糸原(ショート)

2番 近本(ライト)

3番 糸井(センター)

4番 マルテ(ファースト)

5番 福留(ライト)

6番 中谷/陽川(サード)

7番 梅野(キャッチャー)

8番 鳥谷(セカンド)

9番 投手

 

こんな感じで、

いってはどうかなと

勝手な予想ですが、

4番に居座るよう、

マルテ選手には頑張っていただきたいです!


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。