吉田正尚は筋肉がすごくてマッチョなの?彼女はいるの?

この記事は3分で読めます

ベストナイン、おめでとうございます!

オリックスの三年目の外野手、

吉田正尚外野手が選ばれました。

 

吉田選手の醍醐味と言えば、

・フルスイング

・豪快なホームラン

が私の中で鮮明に残っています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

そんな、吉田選手ですが、

昨年までは怪我に泣かされ、

思うような成績が残せませんでしたが、

首脳陣やファンの期待度は、かなり

大きかったんだろうなって思います。

 

そんな、吉田選手について

書いていきますので、

最後まで、お付き合い下さいませ。

 

 

【スポンサードリンク】

 

○吉田選手のプロフィールから

名前:吉田 正尚(よしだ まさたか)

生年月日:1993年7月15日

身長:173cm

体重:83kg

出身地:福井県福井市

2018年の推定年棒:3100万円

プロ入り:2015年ドラフト1位

出身校:福井市立足羽中→敦賀気比高→青山学院大

 

 

○吉田正尚は筋肉がすごくてマッチョなの?

 

吉田選手は、福井県福井市の

お育ちで、福井市立足羽中学校の

ご出身です。

 

福井駅からは車で15分ほど、

電車なら、JR福井駅から

2つ南の大土呂駅(約8分)、

福井鉄道なら、福井駅から

10つ南の浅水駅(約25分)の

ところに中学があります。

 

福井市内ですが、南の方のご出身で、

福井の北部と言えば、

芦原温泉や石川県の加賀温泉郷も

近隣にありますし、

越前ガニも冬は多く獲れるので、

冬は食の宝庫ですねw

 

そんな吉田選手の筋力の凄さの秘密は、

足羽中学校時に所属していた、

「鯖江ボーイズ」時代から、

 

「とにかく、ボールを遠くに飛ばした!」

 

という意識の表れからだそうです。

 

吉田選手は背が173cm。

 

プロ選手の中でも、背は低い方。

 

しかしながら、ホームランを打ちたい気持ちは

小さい頃から持っていたんですね。

 

背が低くても、本塁打の打てる選手は、

小さい学生さんの励みにもなりますよね。

 

さて、吉田選手の筋肉はどれだけすごいのか。。。

 

この太ももの太さ、半端ないでしょw

 

次の写真はロメロ選手との一緒に撮った

写真です。

ロメロ選手も、ホームランバッター。

腕の太さは、ロメロ選手の方が大きいですが、

胸板の厚さは吉田選手の方がありそう!

 

体格も吉田選手の方が、太くがっちりと

したイメージが持てます。

 

この筋肉の秘密は、

砲丸投げで活躍され、

オリンピックのメダリストの

室伏広治さんのトレーニングを

取り入れている本格的なものだそうです。

 

この写真を見ると、

さらに筋肉感がわかるような気がしますw

 

そして「マッチョ」と呼ばれるようになった

理由ですが、

 

 

出典:YOU TUBE

 

こちらの登場曲で、

ご自身のことをマッチョと

言っています。

 

それで、マッチョと。

 

確かにマッチョですもんね。

 

ダンベル、筋トレがとっても似合いますw

 

室伏広治さんに師事しているくらいですから、

マッチョと名付けられても

おかしくはないですねw

 

○吉田正尚は彼女の存在は?

彼女はダンベルじゃないの?

 

いえいえ。。。まあそう思っても

おかしくはないですがw

 

彼女の存在は今の所ないですね、

 

広島の女性ファンは「カープ女子」と

呼ばれていますが、

オリックスの女性ファンは

「オリ姫」と呼ばれているそうで。

 

ダンベルではなく、

オリ姫との熱愛を期待して

お待ち申しておりますw

 

○最後に

 

2018年のシーズンは、

本塁打26本、打点86、打率.321と

また4番打者として大活躍した吉田選手。

 

今年の年棒は3100万円でしたが、

来年は倍増の6200万円かなって

勝手に見込んでいますが、

それくらいはいくでしょう!

 

来年以降も、4番打者として

外国人助っ人を差し置いての

ご活躍を期待しています!


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。