宇佐見真吾の身長・体重を調査?彼女は?コンバートは?

この記事は3分で読めます

宇佐見真吾選手。

読売巨人軍の捕手です。

捕手ですが、バッティングセンスが

抜群で一軍にもよく抜擢されている選手です。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

先日、西武の炭谷銀仁朗選手がFA宣言で、

西武に別れを告げ、

いよいよ巨人入りされそうです。

 

そうしたら、

若手の宇佐見選手はどうなるんやろか?

 

また巨人には、

小林捕手もいますし、

31歳の炭谷銀仁朗の

加入は大きな補強には

なりますが、若手の行方は一体。。。

 

今日は、宇佐見選手の

特徴について書いていきたいと

思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

○宇佐見選手の簡単なプロフィールです。

名前:宇佐見 真吾(ウサミ シンゴ)

生年月日:1993年6月4日

プロ入り:2015年のドラフト4位

年棒:1700万円(2018年度)

 

 

○宇佐見真吾の身長・体重を調査?

 

宇佐見選手の出身地は、

千葉県の松戸市。

 

都心からかなり近いから、

東京ドームのあるJR水道橋までも

電車で余裕でいける位置にあります。

 

松戸市立幸谷小学校のご出身なので、

JRで言えば、新松戸駅近くが

ご実家かな?と予想されます。

 

東京駅から新松戸駅までは、

約30分ほどでいけちゃうので、

また松戸市も約40数万人の人口を

大都市なので、都会育ちなんですね。

 

松戸市は千葉県ですが、

千葉ロッテのファンのイメージも

ありますが、

巨人ファンだった可能性も

あり、もしかしたら相思相愛の

球団だったのかもしれないですよね。

 

そんな、

宇佐見選手の身長は、181cm

体重は87kgです。

 

結構、大きな選手なんですね。

 

ちなみに、2018年の前半の

主に出ていた小林捕手は、

178cm、83kgの大きさですから、

宇佐見選手の方が大型捕手になりますね。

 

体が大きいことから、

長打力も魅力的な宇佐見捕手。

 

2017年は、

ホームラン4本、打点8、打率.350を

記録しています。

 

試合も21試合しか出ていないですし、

打席もだった45打席での成績です。

 

身長181cm、体重78kgの大型選手であることから、

また2017年の成績を参考にすれば、

年間を通して活躍できれば、

本塁打30本、打点100も狙える力も

あるかもしれませんよね。

 

小林捕手は、守備はセ・リーグトップクラス

かもしれません。

 

しかしながら、打てない捕手だったので、

スタメンからも外されました。

 

今回獲得した、炭谷捕手も

打てる捕手のようには

思えないけどな。。。

 

炭谷捕手のバッティングの成績は以下の

通りです。

2014年 打率.202  本塁打7  打点36  125試合

2015年 打率.211  本塁打4  打点35  133試合

2016年 打率.218  本塁打1  打点22  117試合

2017年 打率.251  本塁打5  打点30  104試合

2018年 打率.248  本塁打0  打点9    47試合

 

炭谷選手の契約内容は、3年5億から6億とも

伝えられていますが、

これならバッティングが良い

大型捕手の宇佐美捕手を

育てた方が私はいいと思うのですが。。。

 

捕手としてプロ野球選手として、

体も細くはない、

十二分にシーズンを耐えるく身体は

持っているかと思います。

 

○宇佐見捕手は彼女はいるの?

昨年2017年の12月6日に母校の

松戸市立幸谷小学校を訪問時に、

子どもたちに質問されたようでw

 

「彼女はいるんですか?」

 

そうすれば、

 

「彼女はいません。。。」

と答えたそうですがw

 

ほんまなんかとw

 

そりゃ子どもの前では

言えないでしょw

 

調査を続行中ですが、

情報は今の所ありませんが、

このオフに女性ゲットにも

力を入れて欲しいですよねw

 

 

○コンバートはあり?

炭谷捕手獲得の為、炭谷捕手が

背番号27、27番だった宇佐見捕手は

32に変更になりました。

 

かわいそうですが、仕方ありません。

 

しかしながら、炭谷捕手は

打てませんから、宇佐見捕手に

すぐチャンスは到来すると

思います。

 

ベテランの阿部捕手くらい将来的に

打てる捕手として、

炭谷捕手や小林捕手に負けるな!!

 

コンバートなら、一塁でもいいと思います。

 

打てれば、全然問題ないでしょう!!!


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。