稀勢の里は引退勧告はいつ?2019年初場所は?

この記事は3分で読めます

貴景勝関の優勝で幕を閉じた

九州場所。

いやー、貴景勝関強かったですよね。

 

最終的に、横綱3人、大関1人が

いない場所でしたが、

13勝2敗とよくやりましたよね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

そんな中、話題から消えていたのは、

稀勢の里でした。

 

九州場所で4敗。

うわーと思いました。

 

1人横綱、優勝候補ですよ。

呆気なかったな。。。

 

初日に、貴景勝関が稀勢の里に

勝ったことで貴景勝関も勢い付いたのかな?

 

そんな、稀勢の里関の将来について

書いてきます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

簡単なプロフィールです。

名前:稀勢の里 寛(キセノサト ユタカ)

本名:萩原 寛

生年月日:1986年7月3日

身長:188cm

体重:178cm

部屋:鳴戸部屋から田子ノ浦部屋へ移籍

稀勢の里に横綱審議委員会で引退勧告はいつ?

稀勢の里への引退勧告。。。

あまり考えたくはありませんが、

相撲も勝負の世界ですから、

仕方ないですよね。。。

 

本日、横綱審議委員会が開かれます。

略称、横審。

まあ、

横綱の相撲を審議する機関ですね。

 

ほんまに頑張ったのかなとか、

横綱の品格は正しいものなのかとか、

また、横綱昇進推薦も

横綱審議委員会の仕事です。評価もとっても辛口。

頑張った力士に関しては、

とても褒められますけど!

 

横綱審議委員会では、

・激励

・注意

・引退勧告

この三つのうちの処分というと

言い方はオーバーですが、

稀勢の里関もこの中から、

言われることはあるでしょう。

◆横審の勧告規定 横綱審議委員会規則の横綱推薦の内規第5条に「横綱が次の各項に該当する場合、横綱審議委員会はその実態をよく調査して、出席委員の3分の2以上の決議により激励、注意、引退勧告等をなす」とある。該当理由は(イ)休場が多い場合。ただし休場する時でも、そのけが、病気の内容によっては審議の上、再起の可能性を認めて治療に専念させることがある(ロ)横綱として体面を汚す場合(ハ)横綱として不成績であり、その位にたえないと認めた場合となっている。なお、勧告に強制力はない。

出典:日刊スポーツ 

 

さて、稀勢の里関は、

今回何を言われるのか

気になりますよね。

 

まずは、激励ですが、

こちらは

「次は頑張れよ!応援してるからな!」

と力士にハッパをかけるイメージでしょうか?

 

引退勧告はまさに、

「もう引退した方がいいやん」と

直に下される厳しすぎる一言ですね。

 

元日馬富士関も言われてたような。。。

 

引退勧告は、2019年の初場所出場後の

結果次第でしょうけど、

九州場所のような成績では

「引退勧告」は出されますね。

 

今回は、注意でとどまるかと

思います。

 

しかしながら、情勢は厳しいですよね。

 

今回の場所を引っ張ったのは、

まさしく小結の力士貴景勝関と

大関の高安関でしたから。

 

次に出場する場所の成績が、

不十分な場合は、

間違いなく横綱審議委員会から、

引退勧告が出るかと思われます。

 

2019年初場所は?

さて、2019年の初場所の出場ですが、

どうなんでしょう?

 

今の所、出るとは言ってますが、

かなり慎重になるのではないでしょうか?

 

稀勢の里関は、

もう一回チャンスとください!

 

と言っていますが。。。

 

次の場所の開催は、

東京の両国です。

 

稀勢の里関のご実家は、

茨城県の牛久市なので、

上野までも1時間くらいで

実は来られるんです。

 

だから、ご当地の東京で、

最後辞めたい?

 

辞めて親方になる?

 

なんてことも想像されますが、

次に問題になるのは、

横綱の推挙について。

 

次回の候補者からは、

かなりシビアに審議されるでしょう。

 

稀勢の里関は優勝1回で横綱に

なりましたが、本来は2場所連続は、

そちらに相応する成績ですから。

 

2019年の初場所の稀勢の里関の出場は

微妙ですが、初場所の次は大阪ですから、

大阪で引退?もありえますね。

 

○最後に

こちらは、私の意見です。

もう親方になる準備は、ちゃくちゃくと

進んでいるように思えます。

 

これだけ言われたら、

そして弱くなったら、

次の就職先のことを考えると

思ったからです。

 

親方とこっそり話しが

進んでいるのかな?

 

可能性か大。

 

日本人横綱なんだから、

もういっちょ頑張ってほしい!


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。