セ・リーグ監督来年はどうなるの?ヤクルト・横浜・巨人編

この記事は2分で読めます

広島カープ、優勝おめでとうございます‼︎

 

今年は、西日本豪雨災害により、広島県も甚大な被害がありました。

 

私は、阪神タイガースのファンですが、広島には優勝してほしかった。

 

少しでも、広島の方や広島ファンの方に、勇気付けられたら、嬉しく思います。

 

これで、3年連続のリーグ制覇を果たした広島。

 

率いている緒方耕一監督も手腕が認められ、続投は間違いないでしょう。

 

さて、他の球団の監督はどうか、書いていきます。

 

 

・東京ヤクルト・スワローズ 小川淳司監督 評価○

昨年、最下位。現在2位(9月25日現在)

 

大躍進のヤクルト。

 

なぜ?

 

答えは、小川監督の人の心を掴むのが上手で、選手とのコミュニケーションを密に取り合うことで、

 

チーム力を高めていった結果でしょう。

 

特に、コミュニケーションと取ったと言われているのが、主砲のバレンティン。

 

打点がリーグトップ独走の121打点。

 

昨年は80打点。

 

1.5倍はすごい‼︎

 

また、青木宣親の復帰も大きいでしょう。

 

投手も、抑え候補の秋吉亮が不振でしたが、石山泰稚がその穴を埋め、セットアッパーの近藤一樹も安定。

 

続投は、ほぼ間違いなし。

 

来年は、優勝も狙えるかも。

 

 

・横浜DeNAベイスターズ アレックス・ラミレス監督 評価△

ラミちゃん。

 

そんな愛称で呼ばれていて、ファンにもこよなく愛されているラミちゃん。

 

昨年は3位でしたが、広島をクライマックスシリーズで破り、見事に下克上を果たした名将。

 

ラミちゃんのいいところは、選手を信頼するところ。

 

活躍できると思う選手は、とことんスタメンで使います。

 

スタメンで使い続け、経験も積ませる。

 

結果を出せなかったら、すぐに外すことは、あまりない監督です。

 

打線は、筒香・ロペスはもちろんのこと、年棒3000万円の新加入のソトが大爆発。

 

しかしながら、正捕手になるべく戸柱の誤算。

 

また投手もエースの今永が大誤算。

 

濱口もピリッとせず、左腕王国の横浜で唯一活躍できたのは、新人の東。

 

3位に入れば、続投可能性も、Bクラスなら、解任の可能性が高いでしょう。

 

 

・讀賣巨人ジャイアンツ 髙橋由伸監督 評価△

巨人の監督は、一生涯巨人の選手だった人にしかなれないポジション。

 

現役引退し、直後に監督に就任した高橋監督。

 

指導者の経験なしでの監督就任は、とても大変だったと思います。

 

高橋監督の今年した大きな仕事は、岡本の覚醒でしょう。

 

昨年までホームラン1本だった岡本が、今年は30本オーバー。

 

しかも4番を張り続けたい。

 

大きな収穫だったに違いないでしょう。

 

しかしながら、収穫はこれくらいで、大誤算が投手陣。

 

先発なら田口、中継ぎなら澤村・上原でしょう。

 

エース格の田口は2勝止まり、澤村は6敗、上原は5敗。

 

FAで獲得した森福も2年間活躍できていません。

 

高橋監督は、選手とのコミュニケーションがかなり薄いようです。

 

試合中も常に無表情。

 

地蔵監督と言われたこともありました。

 

結果、3年間で優勝なし。

 

監督続投はかなり微妙だと思われます。

 

 

中日、阪神の監督人事についてはまた後日。


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。