宇良の怪我の状況を調査‼︎2018年九州場所の番付は?

この記事は3分で読めます

 

 

宇良関。

皆さんは、覚えていますか?

 

久しぶりに人気力士が、

大相撲に帰ってきました。

遠藤関に並んで、人気者といっても

過言ではないでしょう。

でも、今の番付はどこ?

そういや、幕内にも十両にもいないし

休んでいるのかなとか気になりますよね。

 

【スポンサードリンク】

 

大怪我で離脱していた為、

番付はかなり下に。

 

幕内、すなわち横綱や大関など

上位陣とは対戦はもちろんない位置にいます。

宇良関の怪我の状況や、

現在の番付について書いていきます。

【スポンサードリンク】

 

宇良の怪我の状況を調査‼︎

 

まずは簡単なプロフィールからです。

 

名前:宇良 和輝

所属部屋:木瀬部屋

生年月日:1992年6月22日

年齢:26歳

出身地:大阪府寝屋川市

身長:172cm

体重:135kg

最高位:幕内・前頭4枚目

初土俵:2015年3月

 

昨年の秋場所で、宇良関に

悪夢が襲い掛かります。

 

昨年の名古屋場所で自己最高位の

東の前頭4枚目の好位置に付けます。

 

前頭4枚目と言うと、

横綱や大関、関脇、小結といった

三役力士、大相撲界の

最高峰の力士たちと戦える地位です。

 

もちろん、勝ち越せば、関脇、小結と

いった三役力士にもなれ、給与も上がりますし、

上位力士を対戦することで、

相撲の力もつきます。

 

そんな、好位置につけた秋場所でしたが、

右膝の靭帯の大怪我を負ってしまいます。

 

全治、数ヶ月もかかる大怪我。

力士生命にも関わるくらいの大怪我です。

 

ほんまの一瞬の出来事。

 

稀勢の里も大怪我をして。

長期の離脱がありましたが、

実に怖いですよね。

 

力士は、

番付によって階級が決まります。

 

十両以上の力士でないと、

お給料が出ません。

 

宇良関は、6場所全休の影響もあり、

東の三段目の91枚目まで、

番付を落としてしまいます。

 

たったの一年休むだけで、

お給与のもらえない三段目まで落ちるとは、

とても厳しい世界ですよね。

 

「ああ、俺もう無理かも。。。」

 

「幕内まで、また1年くらい頑張らないといけないのか。。。」

 

とか色々なことが、

宇良関に頭に過ぎったのかなと

思うと辛い話ですよね。

 

そんな時に、支えになったのが、

元幕内肥後ノ海の木瀬部屋の親方。

 

木瀬部屋では、

「焦らず、徹底的に治す。」

「うまいものを食べさせる。」の

方針で、力士の心理状態も見ながら、

宇良関もサポートされたそうです。

 

大怪我をされた宇良関ですが、

先場所9月場所で見事に復活を

遂げられているので、万全な状態と言えます。

 

しかも先場所の戦績は、

6勝1敗だったので、

番付はかなり下ですが、

完全復活と言っても

過言ではないと思います‼︎

 

 

2018年九州場所の番付は?

 

先場所が、

東の三段目91枚目でしたが、

九州場所で、

東の三段目33枚目まで

番付を上げてきました‼︎

 

48枚目も飛び級ですよ。

すごい。。。

 

これなら、一気に次の

階級に戻れる?と言った

期待の声もあるかもしれませんよね。

 

ちなみに、三段目の上は幕下、

給与の発生となる

十両へと続きます。

 

幕下の全員で120名、

60枚目までありますが、

今場所での戦績が良ければ、

来年の初場所では

幕下に上がれるかもしれません‼︎

 

私の予想では、

来年の初場所、春の大阪場所、

夏場所、その次の名古屋場所で

十両に復帰できるのでがはないか

と予想しています。

 

来年の九州場所、

は幕内復帰もあるかもしれませんよね。

 

まだ遠いですが、

再来年には、ご当所大阪での

幕内の土俵もあるかも‼︎

 

現在の地位は、

三段目の33枚目ですが、

まずは、幕下を目指して頑張れ‼︎

 

○最後に

 

小ネタで締めたいと思います。

 

①大阪府寝屋川市出身の宇良関。

大阪府寝屋川市で同じく有名力士というと

大関の豪栄道関。

 

②生まれた時は、なんと

4020gもあるビックな赤ちゃんだったそうw

 

宇良関は、レスリングの経験者‼︎

しかし、レスリングで推薦が取れなかったので、

相撲部のある京都の鳥羽高校に進学したそう。


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。