奥川恭伸(星陵)の身長・体重を調査‼︎中学も調べてみた‼︎

この記事は3分で読めます

 

2018年のドラフト会議が終わり、

プロ野球スカウトは、早くも

来年のドラフトのことで、

頭がいっぱいでしょう。

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

そんな中、おすすめ選手が、

石川県の星稜高校の

奥川恭伸選手。

 

来期のドラフト1位にもかかりそうな、

北陸の逸材投手‼︎

 

奥川くんの身長・体重、出身地を

踏まえた中学校について書いていきます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

奥川恭伸(星陵)の身長・体重を調査‼︎

 

まずは、奥川くんのプロフィールから。。。

名前:奥川 恭伸(おくがわ やすのぶ)

生年月日:2001年4月16日(17歳)

出身地:石川県かほく市

利き腕:右投げ右打ち

ポジション:投手

ストレートの最速:150km/h

持ち玉:ストレート、スライダー、ツーシーム

 

身長は、181cm、体重78kgとの

データです。

 

そこそこの長身投手ですよね。

 

78kgもそんなには軽くはないイメージです。

 

まだ高校2年生ですから、

身長はまだ伸びるんかな?

 

185cmくらいまでは、

伸びるかもしれませんよね。

 

長身からの豪速球投手?

 

阪神で言えば、藤浪晋太郎投手の

ようなイメージになるのかな?

 

ストレートの最速150km/hも

まだまだ伸びそうですし、

藤浪投手のような、

長身からの160km/hの

ようになるかもしれませんね。

 

ちなみに高校2年生で150km/h投手は、

たったの4人だそうです。

 

安楽智大投手、

大谷翔平投手、

田中将大投手についで4人目。

 

こちらもすごいデータの一つです‼︎

 

 

○中学も調べてみた‼︎

 

まずは、出身地から。

石川県はわかりますが、「かほく市」って

どこだろう?

 

かほく市は、石川県の中部に位置しています。

人口は、35000人ほどの小さな町。

 

長芋、サツマイモ、ぶどうが名産で、

日本海にも面している町になるので、

魚介類も豊富かもしれません。

 

寒い寒い日本海で獲れた、

蟹や寒ブリなんかも、

冬は楽しめそうで、

大阪に住んでいる私からすれば、

とても羨ましいですw

 

金沢からも近く、

電車を使えば30分、

車でも30分程と、

通勤圏内の町でもあるように思えます。

 

町内の3割の方が、

金沢市内に通勤しているようで、

地元中学・高校生も金沢まで、

遊びに行ってるのかな??

 

そんな、奥川投手の出身中学は、

宇ノ気中学校。

JR七尾線の宇野気駅からすぐ近所のようです。

読み方は「うのけ」と読みます。

 

こちらの宇ノ気中学校、

全国制覇も果たしている公立校。

 

しかも、奥川投手在校中、

3年生の夏に果たされています。

 

 

○最後に

 

現在、星稜高校に在校中の

奥川君。

 

同じく2年生の、

山瀬慎之介捕手とは

小学校4年生の時から

バッテリーを組む中だそうです。

 

もちろん中学生の時も同じで、

全国制覇を果たした仲間のお一人です。

 

星稜高校と言えば、

松井秀喜さんも卒業された、

全国でも有名な甲子園常連校。

 

星稜高校に二人で進学した理由ももちろん、

「星稜高校での高校野球全国制覇」

 

星稜高校は、秋の明治神宮大会にて、

北信越地区で優勝を果たされているので、

2019年の春の甲子園大会には、

出場の可能性がかなり高いですので、

全国制覇のチャンスです‼︎

 

奥川君の成長と、

星稜高校の全国制覇への挑戦、

また新元号初のドラフト会議での

指名。

 

今後の奥川君にもぜひ注目を‼︎

 


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。