湯浅京己(BC富山)の出身中学・高校を調査!読み方も気になる!

この記事は3分で読めます

早速ですが、

皆さんは、

阪神ドラフト6位で指名された

湯浅京己選手の読み方わかりますか?

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

苗字の湯浅は、「ゆあさ」

和歌山県に、有田みかんや南高梅の

山地に近い、有田郡湯浅町があります。

 

少し話が飛びますが、湯浅町は

醤油の発祥の大変有名な町なんです。

 

湯浅君と、和歌山県の湯浅町は関係あるのか?

出身の三重と近隣な為、少なからず関係性も

あるかもしれませんよね。

 

さて、名前の「京己」ですが、

なんて読むんでしょうか?

 

普通に読んでしまうと、

「きょうき」とか「きょうみ」と

読んでしまいそうなこちらのお名前、

 

「あつき」と読みます。

 

「ゆあさ あつき」

こちらが読み方です。

 

湯浅君の出身地、中学、高校を中心に、

書いていきたいかと思いますので、

最後まで良かったらご覧下さいませ。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

湯浅京己(BC富山)の出身中学・高校を調査!

まずは、湯浅君の簡単なプロフィールからです。

 

・生年月日:1999年7月17日

・身長:183cm

・体重:88kg

・出身地:三重県尾鷲市

・遠投:105m

・50m走:6.2秒

 

 

①出身中学校

 

湯浅君は、三重県尾鷲市の尾鷲中学のご出身です。

さて、皆さんが尾鷲市をご存知でしょうか?

 

尾鷲市は、三重県の南部にあり、海に面しています。

 

人口は2万人を切る、小さな町で、海に面していますが、

面積の9割が山林、また水産業が盛んで、甘夏が特産です。

 

また特徴的なのが、とにかく雨が多い町です!!

 

そんな尾鷲市ですが、

大阪から、

直線距離で90kmほどの距離ですが、

紀伊半島の東部、

三重県津市や伊勢方面から迂回しなければ

ならない為、車で3時間かかります。

 

電車でも、

近鉄電車とJRを乗り継いで、

3時間半かかります。

 

名古屋からも、だいたい同じ時間かかります。

 

そんな、海育ちの湯浅君の出身中学は、

JR尾鷲の駅から、約2.5km、歩いて40分くらいのところの、

海にも近い、山にも近い中学校に通っていました。

 

出身小学校も尾鷲小学校ということから、

尾鷲駅から比較的近隣に、ご実家があると思われます。

 

湯浅君の中学時代に所属していた、

クラブチームは「伊勢志摩ボーイズ」

 

尾鷲から伊勢までも、

車でだいたい1時間15から30分くらいは、

かかりますので、

お父さん、お母さんの

送り迎えがあったかと思われます。

 

往復2時間半の距離、

毎日のことを思うと、とても大変ですよね。

 

 

①出身高校

 

出身高校は、聖光学院。

聖光学院よく聞く名前ですよね?

 

高校野球の甲子園大会によく出場している、

福島県の野球の名門校。

 

春5回、夏は15回の甲子園のうち、

夏の甲子園で、4度ベスト8入りを

果たしています。

 

そんな強豪校、

聖光学院に進学した湯浅君でしたが、

入学直後、

腰の成長痛に悩まされてしまいます。

 

記録員として送る毎日でしたが、

3年生の夏の福島大会で、

最速145km/hの速球を

武器に1イニングを抑え込みます。

 

 

また聖光学院は、

サッカー、バレーボール、

アームレスリングでも全国区と

スポーツが盛んな高校です。

 

 

○最後に

 

湯浅君の素質に惚れ込んだ、

社会人リーグBC富山の誘いを受け、

2018年に入団します。

 

監督は伊藤智仁。元ヤクルトの

抑えピッチャです。

 

伊藤監督は、

150km中盤の速球と

代名詞の140km/h台の

高速スライダーを武器に

バッターをなぎ倒してきた豪腕です。

 

伊藤監督の指導により、

湯浅君は急成長。

 

球速も6km/hアップし、

151km/hに。

 

将来性を見込んでの、

阪神のドラフトの指名でした。

 

学生時代、

実家から、

伊勢志摩のクラブチームまでの

往復2時間半の距離、

毎日のことを思うと、

とても大変ですよね。

通わせるだけでも大変なのに、

それでも大好きな野球をさせてあげる親心、

また、それに応えた湯浅君はすごい!

 

早期に一軍に上がって、

もっともっと親孝行してあげてほしいです。

まずは、プロ1勝だ!


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。