川原陸(創成館高)の出身や中学を調査!大阪桐蔭に唯一勝ったの?

この記事は3分で読めます

阪神からドラフト5位指名で、

川原陸投手が指名されました。

 

創成館高校、部員140人の中で、

エースとして君臨した川原君。

 

創成館高校の植田監督は、

元楽天の有銘投手や、

元ソフトバンク・西武の帆足投手、

いずれも左腕育成に定評のある監督さん。

 

そんな監督の下で学び、

素質を誰よりもあると

認められた男です。

 

阪神のドラフト指名は、

4位の齋藤友貴哉投手、

5位の川原君、

6位の湯浅京己投手として3人でした。

 

その中でも、高校生投手の

指名は川原君だけでした。

 

即戦力にはならないとしても、

私の中では、

3年くらいで、

先発の一角に入ってほしいと

願っています。

 

まだまだ若いですし、

吸収力もあ流ので、

「未完の大器」としての指名でした。

 

そんな、川原君の出身地や中学を徹底調査

しました!

 

まずは簡単なプロフィールから

 

名前:川原 陸(かわはら りく)

生年月日:2000年12月12日→とても覚えやすいw

体重・身長:184cm・80kg

 

 

○川原君の出身地は?小学校は?

 

長崎県長崎市のご出身です。

 

長崎といえば。。。

トルコライスにちゃんぽん、

カステラに。。。と

食いしん坊の私には魅惑の町w

 

また歴史上は、貿易の盛んな港町と

いうことから、ヨーロッパ、特に

オランダの文化は色濃く残っている町かな?

と思いつきました。

 

小学校は、

長崎市立三原小学校。

長崎駅から、

約6km、車で20分程、

電車で言えば、

長崎電鉄岩屋橋駅

(長崎駅前から11つ目の駅)から2kmの

ところに小学校があります。

 

長崎市内ではありますが、

観光名所のグラバー邸や

名物長崎ちゃんぽんも食すことのできる、

長崎新地中華街は、

JR長崎駅や

長崎電鉄の長崎駅前に集まっているところから、

中心地から6km程離れた、坂のある住宅地に

住んでいると推測されます。

 

坂の上のある住宅街ということで、

強靭な下半身を鍛える為、

走り込みにはとても最適なご出身地な気がします。

 

○川原君の中学はどこ?

長崎市立三川中学校です。

 

長崎市中心部から、また少し遠くに

離れます。

 

小学校とは、

直線距離にすれば1km程ですが、

長崎バイパスという大通りがある影響もあり、

歩くと3kmと少し、

1時間弱の徒歩の道のりです。

 

坂ありなので、

とても自転車では行けそうにない

ところなので、

歩いて通っていたのかな?

走って通っていたのかな?

と思うと、通学で鍛えることが

できるメリットもあったのかもしれません!

 

○大阪桐蔭高校に勝ったってほんとなの?

 

大阪桐蔭って、ご存知の方も多いかとは

思いますが、今年の甲子園大会で、

春夏連覇の偉業を達成されたチームです。

 

ドラフト1位にて入団予定の藤原君や根尾君が選手で、

ピッチャーも最速151km/hを投げる完成度が高い柿木投手

率いる最強軍団、大阪桐蔭に?

 

ええ、本当に勝った試合があります。

 

今から一年前の秋の明治神宮大会、

準決勝で、

川原君率いる創成館高校は、

大阪桐蔭打線を4点に抑え、

7点奪って勝っています。

 

金足農業の吉田輝星投手ですら、

抑え切れなかった

大阪桐蔭打線に勝った男です。

 

とてもすごいことですよね。

 

創成館高校は、

夏の甲子園一回戦負けでしたが、

大阪桐蔭に勝ったことは、

誇りにしてほしいと思っています。

 

○最後に

 

球速も141km/hが最速と

プロでやっていくには、物足りないですが、

体も大きく矢野監督も素質に惚れ込んでいるはずです。

 

そんな川原君の目指す選手は、

同じく阪神の能見投手。

 

川原君の持ち球は、

ストレート

カーブ

スライダー

チェンジアップ

ツーシーム。

 

これに能見の得意とするフォークボール

の取得が不可欠となりますが、

他の持ち球は能見投手と違いはありません。

 

あと球速ですが、能見の最速は151km/h。

あと、10km/hの球速アップが必要ですが、

まだ17歳。

 

2020年くらいに、

甲子園の先発投手として

マウンドに上がり、

昨秋に破った根尾君や藤原君から

三振を奪うところが見たいですね。

 

その成長過程を楽しみに、

見守っていきたいと思います。

 

とりあえずは、プロ入りを心から祝福したい!!


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。