マレーロ(オリックス)の彼女は美女?ホーム踏み忘れ?10万号?

この記事は3分で読めます

阪神に

新外国人選手獲得の動きが

早くも発表されました。

 

オリックスのクリス・マレーロ選手(30歳)

です。

 

阪神は、2018年、

メジャー71発のロサリオ、ナバーロ、

2017年のキャンベルと、

新外国人野手が不発で終わっていました。

 

やっぱり大きなホームランを打ってくれる

外国人選手、ほしいですよね。

 

でも、力ではなく、

コントロールで押してくる日本の

投手に馴染むのは、

なかなか難しいことです。

 

そんな中、触手がかかったのがマレーロ。

 

現在オリックスの選手です。

 

オリックスとの契約が更新なければ、

長打力の魅力な、

マレーロ獲得に動くと思われます。

 

新外国人は、

日本の野球に慣れている選手の

方が良いと、

私の思っているところです。

 

私は、マレーロ獲得に大賛成です。

 

そんなマレーロですが、

実に話題性豊富な選手なんです。

 

・マレーロの簡単なプロフィール

・マレーロの彼女は、ある有名人にそっくり‼︎

・ホーム踏み忘れ

・メモリアル弾10万号

 

 

について書いていきますので、

最後までお付き合いください。

 

 

・プロフィール

 

名前→クリス・マレーロ(30歳)

生年月日→1988円7月2日生

出身地→アメリカ・フロリダ州マイアミ

体重・身長→191cm・95kg

2018年の年棒→12000万円

 

日本での成績は、

150試合出場で31本塁打。

公式戦143試合ペースで考えると、

29本の本塁打を

打てる選手と言えます。

 

阪神のロサリオは、2018年のシーズン8本塁打でしたから、

長打力の補填としては素晴らしい選手‼︎

 

しかしながら不安材料もあります。

 

2017円のシーズンは、

打率.290、本塁打20、打点50と

シーズン途中の5月末デビューにも

関わらず、日本の野球への順応性がありました。

 

しかしながら、今年は、大不振。

 

5月に入るまでは、本塁打8とリーグトップを

独走していましたが、その後は全くと

言えるほど打てずで、

最終的な打率は.210まで落として、

シーズンを終えてしまいます。

 

日本野球の独特な研究心で、

マレーロは打てなくなり、

オリックス退団は濃厚になりました。

 

 

・マレーロのあの有名人にそっくりなの?

 

アメリカの女優さん、デミ・ムーアにそっくりな

その名も、デミさんがマレーロ(26歳)の彼女です。

 

同じデミさんwすごいご縁ですよね。

 

2017年に日本にやってきた時も

彼女が同伴だったそうで、数ヶ月滞在し

彼を支えたそうです。

 

2018年の1月にめでたくご結婚もされています‼︎

 

新婚ホヤホヤのマレーロ、

奥様の為にも2019年は頑張らなくてはいけません‼︎

 

 

・ホームベース踏み忘れ事件

 

2017年6月9日のことです。

京セラドームでの中日とのセパ交流戦で、

来日初アーチを描きます‼︎

 

このまま、ダイヤモンドを回って、

最後にホームベースを踏めば、

2ランホームランとなったはずが、

記録はスリーベースヒットに。。。

 

 

なぜ???

 

 

なんと、最後の最後で

ホームベースを踏み忘れて

ベンチに帰ってしまったようです。

 

もちろん、相手の中日は指摘しますよね。

 

来日初アーチのはずが、

幻のアーチに。。。

 

嬉しすぎて、踏めなかった?

 

早くベンチに帰って、チームメイトと

喜びを分かち合いたかった?

 

2017年シーズン通して、

もちろんのことながら、

ホームベース踏み忘れはなくなった

そうです。

 

そんな、不運なことがあった後には、

幸運も舞い降りるのは偶然でしょうか?

 

 

10万号メモリアルアーチ?

 

2017年の9月2日の千葉ロッテとの試合で、

マレーロは偉業を達成します。

日本プロ野球の公式戦で、

記念すべき10万本目を彼が放ったんです。

 

なんてツイる男何でしょうかw

 

ホームベース踏み忘れの後の、

幸運な出来事に、

マレーロの運の強さは

人一倍ではないでしょうか?

 

 

最後に、

 

そんな、不運も幸運も経験のマレーロ。

もし阪神に来ることになれば、

是非とも、幸運な男になってほしいです‼︎


【スポンサードリンク】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。